「ほっ」と。キャンペーン
世界ピンホール写真デー (Worldwide Pinhole Photography
北海道支部の皆さん
4/25はWPPDです是非参加をお願いいたします。



スローフォトグラフィー

世界ピンホール写真デー (Worldwide Pinhole Photography
Day) 10周年記念イベントについて

日時と場所について
世界ピンホール写真デー(WPPD)は、10周年を記念し、
イベントを開催します。
この国際的なイベントは、2010年4月25日に開催され、
レンズを使わない写真のファンタジー、アート、楽し
さ、その体験を促進します。今回は、これまでの記録
である約3200人の世界の写真家による参加を上回る参
加人数を期待しています。

参加方法
世界中の誰でも参加できます。4月25日中にピンホール
写真を撮影し、http://www.pinholeday.org. にアップロードし
て下さい。それぞれの写真家による1枚ずつの写真
が、今回のプレミアピンホール写真ギャラリーの一部
となります。

ピンホール写真について
ピンホール写真は、レンズを使用せず、単に小さな穴
を使って撮影されます。写真は、デジタルカメラを含
む通常のカメラに、ピンホールを装着したものでも撮
影可能です。このレンズを使わないピンホールカメラ
を使用すると、洗練された写真を撮影することができ
ます。また、靴の箱やトマトの缶詰の缶、紅茶の缶な
どを使ってカメラを作成することもでき、非常にクリ
エイティブで、楽しく、時には学びも得ることができ
ます。要は光を完全に遮ることができる箱は、どんな
ものでもピンホールカメラにすることができるので
す。
このピンホール写真 を楽しみたいとう人々は年々増
加しており、2001年の1回目のWEBを使ったギャラリー
には24の国から291名のピンホール写真家が参加しまし
たが、2008年には、62カ国から2628名の写真家が、昨年
は69カ国から3202名の写真家が参加しました。

全世界で
4月25日(日)には、ピンホール写真のワークショップ
や、撮影会、小学校のクラス行事など、さまざまなイ
ベントが開催される予定です。特に若い世代や学校で
の活動について、注目されることでしょう。

主催者について
WPPDは、全世界の数十名の熱狂的なボランティアに
よって運営されています。彼らの活動は、以下の国際
的なコーディネーションチームによって、取りまとめ
られています。
Tom Miller アメリカ (チームリーダー及びイベント担
当), Paolo Aldi イタリア (出版),
Nick Dvoracek - アメリカ (サポート), Wolfgang Thoma ベル
ギー (翻訳),
Jason Schlauch アメリカ (WEB運営), Chuck Flagg アメリ
カ (教育)

さらなる情報と、イベントの詳細(随時更新されま
す)については、http://www.pinholeday.org. をご参照下さ
い。

なぜ
なぜピンホールカメラを使って “スローフォトグラ
フィー” を撮影するのですか? なぜなら:

シャッターレリーズ
自らが写真のイメージの主となり、カメラの機械式
シャッターの代わりとなる、そのフィーリングを感じ
ることができます。

魔法
どんな“カメラオブスキュラ”を使用していても、技
術力がどれほどであっても、その結果はマジカルなも
のになります。

世界
この小さな穴から覗くものは時間も音も無い、魅了的
な世界です。

時間
レンズを使用しないで撮影した写真の高貴な雰囲気
は、時間と特別な関係を持ちます。スナップショット
の感覚は捨てましょう。ピンホール写真が撮影される
には、数秒から数分を要します。
ピンホール写真は、忍耐や瞑想的な感覚を必要とする
写真なのです。通常の写真(主にデジタル写真)だ
と、簡単に写真だけ撮って景色から離れたりすること
もあるので、家に帰ってから写真でのみ景色を見たり
することがありますが、ピンホール写真家は実に慎重
に撮影対象を選びます。 なぜならピンホール写真家
は、動くものをそのまま写真に収めることはできない
からです。

エコロジー感覚
ピンホール写真家は、その小さな箱が撮影業務をこな
している間に、回りを見渡したり、考えを廻らせたり
します。
“失敗写真”の苦悩からの離脱: 予期せぬ光漏れ、
光の回折、ブレなどは写真家が考えるアクシデントで
すが、実際にはピンホール写真家たちはそれらを受け
入れます。しかも、受け入れるだけでなく、そのよう
なアクシデントについても、写真を芸術的にしてくれ
たものとして感謝するのです。コントロールされ
た“不”正確さ、世界からの指令を尊重し、受け入れ
るという哲学なのです。
エコロジーな写真のイメージは、マインドをエコロ
ジーなものにするのです。
[PR]
# by jpps-hokkaido | 2010-04-21 18:01
世界ピンホール写真デーについてエドワード・レビンソン氏(WPPD日本広報ボランティア)からのメッセージです

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

「第9回世界ピンホール写真デー.Worldwide Pinhole
Photography Day WPPD」
 2009年4月26日(日)へのご協力お願いとお誘い

「第9回世界ピンホール写真デー.WPPD」に開催に当た
り、このユニークで楽しい行事を広めるために、ぜひ

様のご協力をお願い申し上げます。「世界ピンホール
写真デー」は毎年4月の最終日曜日に行われます。本
年の
開催は、来たる4月26日(日)です。このイベントに
は、4月26日の24時間内に撮影したピンホール写真をス
キャ
ンし、http://www.pinholeday.org のオンラインギャラリー
にアップロードすることで、世界各地のどこのどな
たにもご参加いただけます。昨年2008年には、62か国
2628人以上が参加し、2008年は日本の参加者 221人、
オンラインギャラリーに作品を展示しました。そして
90以上のワークショップ、作品展示、学校での生徒参
加の
授業などのイベントが行われ、視覚芸術の分野におけ
る地球規模の行事として多大の貢献をすることが出来
ました。
本年も、第9回世界ピンホール写真デーを成功させる
ためにご協力下さる皆様の、お時間とご努力、ご尽力
に対し
て深く感謝いたします。
トム.ミラー 、グレッグ.ケンプ (WPPD2009運営チー
ム代表)

お誘い
「世界ピンホール写真デー.WPPD」は年に一度開催さ
れる世界的なイベントです。
レンズのないカメラで写真を制作することによる、
ファンタジー、芸術と技術、楽しさ、体験を分かち合
うもの
です。世界中の写真を愛する人々がこの日、4月26日の
日曜日の24時間内に、針穴/ピンホールカメラで写真を

り、それを「WPPD」のインターネットサイトhttp://
www.pinholeday.org にアップロードすることが出来ます。
参加者の写真は、この国際的なオンラインギャラリー
の展示作品となります。このイベントには、世界各地
のす
べての人々、ピンホールカメラの愛好者や、まだこの
創造的で面白い技術を試みたことのない未経験者が、
個人
でもグループとしても、ご参加いただけます。ピン
ホール写真は、レンズのない、針の大きさの穴をあけ
たカメ
ラで撮影されます。カメラは、どこにでもある煎餅や
お茶の缶、菓子や靴の紙箱、缶詰の缶、そして改造し
たキ
ャンピング.カーや部屋(!)などからでも作れま
す。どんな材料からも出来ますが、重要な点は光の漏
れない
容器を作ることです。世界ピンホール写真デー
「WPPD」の参加者は年々増加しています。針穴/ピン
ホール写真
の興味深い方法に、ますます関心を深める人が増えて
います。第1回の2001年には24か国から291人が参加して
オンラインギャラリーをその作品で飾りました。昨年
2008年には62か国2628人が参加、そのうち日本からの参

者は221人に上ります。世界各国での努力と個人の能力
が結ばれた結果、この特別な写真の世界に未知な人々

も参加出来る、多数の大小のイベントが組織されまし
た。来たる4月26日日曜日には、地球の各地で、針穴/

ンホール写真に関するイベントや集会、作品展示やス
テージ、学習コースやワークショップなどのイベント
が行
われることでしょう。ことに若い世代や学校教育関係
に特別な配慮をすることが大切です。WPPDは世界各地
にい
るボランティアが一丸となり、自発的な活動すること
によって成立しています。より詳しい情報とプログラ

(随時更新)については次のサイトをお訪ねくださ
い。

http://www.pinholeday.org 日本語のページもあります。

日本語の問い合わせ:エドワード・レビンソン 
mailto:wppd09@edophoto.com

WPPD stems from the enthusiastic work by dozens of volunteers
scattered worldwide. Their efforts are directed by the coordinating
team:
Tom Miller USA (Team Leader and Events)
Paolo Aldi Italy (Publicity)
Nick Dvoracek - USA (Support)
Wolfgang Thoma Belgium (Translations)
Jason Schlauch USA (Webmaster)
Chuck Flagg USA (Education)
[PR]
# by jpps-hokkaido | 2009-04-21 12:23
wppd in 北海道のご案内
北海道支部協力事業のご案内です。

4月26日(日)に札幌市写真ライブラリーにて世界ピンホール写真デー WPPD in 北海道2009(主催:同実行委員会) が開催されます。お忙しいところ大変恐縮ですが皆さまのご協力を賜りますようお願い申し上げます。


 今年もサッポロファクトリーを撮影舞台に、下記の内容でピンホールカメラにて撮影し、モノクロ現像のレクチャーとプリント。後日、お気に入りの写真を札幌市写真ライブラリーロビーにて展覧会を行います。ピンホールって何?変わったモノクロ写真を撮ってみたい!現像の工程を見てみたい方、写真はまったく初めての方などと楽しいひと時を過ごしたいと思います。




「世界ピンホール写真デー WPPD  in  北海道 2009」
  
主催 世界ピンホール写真デー WPPD in 北海道実行委
員会
  
協力 日本針穴写真協会北海道支部・ピンホール写真芸術学会
   エムフォトワークス㈱
後援 札幌市・札幌市教育委員会
   札幌市写真ライブラリー(札幌市芸術文化財団)
協賛 富士フイルムイメージング㈱・㈱エー・パワー 


●日時4/26〔日〕
10:30-17:30
場所:札幌市写真ライブラリー(サッポロファクトリーレンガ館二階)

受講料
●レンタルピンホールカメラ(ピンホールホルガ)ご利用の方
2500円※受講定員に達しました

(フイルム代・展示諸経費込) 
●カメラを購入希望の方  
7500円(ピンホールホルガ・フイルム・展示諸経費込)
                   
各コースとも10名限定。

お申込/お問い合わせ先:世界ピンホール写真デー WPPD
 in 北海道実行委員会
事務局 (エムフォトワークス内)
〒004-0879 札幌市清田区平岡9-1-8-15ニュータウンビル3階
電話011-883-7245 fAX011-883-7285
[PR]
# by jpps-hokkaido | 2009-04-21 12:22
さっぽろフォトステージ
日本針穴写真協会北海道支部会員 佐々木秀明/浅野久男が参加します。

11月はアートの札幌 
今年4年目を迎える札幌市主導の札幌アートステージ特別参加
事業として「さっぽろフォトステージ」を札幌市の写真専門施
設である札幌市写真ライブラリーと共催で開催されることとなりました。

札幌市は平成18年に「創造都市さっぽろ」宣言し、昨年4月
には文化芸術振興条例を可決しており、これらのことを踏まえ
現在、11月はアートの月と定め、市における文化芸術振興を
積極的に展開しているところです。

札幌アートステージは、昨年から地下鉄大通からバスセンター
を結ぶコンコースを500m美術館と題し札幌の若手アーティ
ストの発表の場として、多くの市民に札幌在住アーティストの
紹介と現代アートへの理解を促しています。同時期に札幌市内
各所で様々な展示が開催されることで、創造都市さっぽろの目
的を共有することができます。

このために私達さっぽろフォトステージは同時期に北海道トリ
エンナーレ(3年に一度開催される大規模な国際美術展)開催
を目指して、札幌市内私設美術館では最大規模を誇る宮の森美
術館を中心にCAIギャラリー、ギャラリー門馬、ギャラリー門
馬ANNEX、D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO 3KG、ギャラリーE
SSE、CAI02、OYOYOの市内ギャラリー8箇所同時開催されま
す「FIX・MIX・MAX!2」現代アートのフロントライン展と連携
して展開することとなりました。

公共の場で繰り広げられる札幌アートステージ+同時多発的現
代アート展FIXMIXMAX!+そして私達さっぽろフォトステージが
連携して開催されることでより多くの皆さんにアートの面白さ
、楽しさをアピールすることが可能となります。
札幌アートステージ+FIXMIXMAX!+さっぽろフォトステージと11
月の札幌はアート一色となるでしょう。

さっぽろフォトステージ出展作家は、札幌市に在住する写真を
表現の手段として活躍中の8名で、北海道内のみならず広く内
外で活動をしているメンバーによる写真表現が展開されます。








さっぽろフォトステージ(さっぽろアートステージ特別参加事
業)
http://photo-stage.seesaa.net/


出展作家

佐々木秀明

浅野久男

竹本英樹

鳴海伸一

Kensyo

メタ佐藤

黒田拓

ウリュウユウキ




開催期日:11/3(祝)~11/16(日)
10:00-19:00  (最終日は17:00まで)
期間中:毎週月曜日休館(祝日の場合は開館)
場所:札幌市写真ライブラリー 〒060-0032
北海道札幌市中央区北2条東4丁目
サッポロファクトリーレンガ館 3F

主管:さっぽろアートステージ特別参加事業
 さっぽろフォトステージ 実行委員会

共催:札幌市写真ライブラリー(札幌市芸術文化財団)

連絡先:エムフォトワークス㈱ 内さっぽろフォトステージ実行委員会 
c0084090_14213458.jpg
札幌市清田区平岡9-1-8-15 ニュータウンビル
TEL 011-883-7245
[PR]
# by jpps-hokkaido | 2008-10-25 14:21
世界ピンホール写真デー WPPD  in  北海道 2008のご案内
北海道支部協力事業のご案内です



4月27日(日)に札幌の歴史や風俗などを記録した写真を収蔵した札幌市の写真
専門公共施設である札幌市写真ライブラリーにて世界ピンホール写真デー WPPD in 北海道2008(主催:同実行委員会) が開催されます。
 「世界ピンホール写真デー・WPPD」は、2001年アメリカで創設されました。レンズのないカメラで撮影するピンホール写真のイマジネーションには限 界はない、という思いで、数人の熱烈なピンホール写真愛好家が集まり、当時の世界最大のインターネット・ピンホール写真サイト「ピンホール・ビジョン」 が中心となって、このイベントを推進いたしました。その時、ボランティアの運営チーム代表だったグレッグ・ケンプ(アメリカ)は、「ピンホール・カメラを作るにはまったくお金はかからない。けれども、ものの見方を変えることが出来る」と述べています。他のチーム・メンバーたちの考えも同じでした。その 目標は、初心者でもベテランでも、すべてのピンホール写真愛好家を結束することでした。そして個人のビジョンを分かち合い、神秘的なピンホールのイメージの世界をたたえることでした。世界各国の多数の写真アマチュアもプロも、時に幻想的といえるそのイメージの美しさに魅惑されています。そのような人々が、4月の最終日曜日の同じ一日に一斉に写真を撮ることは、共に生命のリズムを祝福する集団の一員となることです。
 第1回「WPPD2001」は、世界の24か国から約300人の参加者がありました。写真は、単純なものや精巧なもの、モノクロからカラーまで出品さ れ、ピンホール・ビジヨン・ドット・コムから提供されたウェッブ・ギャラリーで展示されました。開設2年目で、実に10万人以上の鑑賞者が訪れました。 昨年2007年には68か国2493人が参加、そのうち北海道からは31人が参加しました。日本では、日本在住の写真家エドワード・レビンソンが運営チームのメンバーとして参加し、第1回から運営をして日本の参加者をバックアップしてきました。
世界ピンホール写真デー WPPD  in  北海道 は昨年4月29日にも札幌市芸術の森にて開催されました。予定を超える27名の参加者が札幌市芸術の森を撮影し、WPPDサイトに作品を応募し札幌市写真ライブラリーに作品展示する様子はTV、新聞などに大きく取り上げられ大変な話題となりました。
本企画はこのWPPDに北海道から世界に向けてピンホール写真の撮影を通して参加することを目的としています。
一般的に写真を世界に向けて発表する機会はそう多くはありません。限られたプロ作家だけではなく広く一般の写真愛好家の皆さんの目を通した北海道の神秘的なピンホール写真による風景を世界に向けて発表する貴重な経験を皆さんと共有したいと思います。
今年はサッポロファクトリーを撮影舞台に、下記の内容でピンホールカメラにて撮影し、モノクロ現像のレクチャーとプリント。後日、お気に入りの写真を札幌市写真ライブラリーロビーにて展覧会を行います。ピンホールって何?変わったモノクロ写真を撮ってみたい!現像の工程を見てみたい方、写真はまったく初めての方などと楽しいひと時を過ごしたいと思います。

「世界ピンホール写真デー WPPD  in  北海道 2008」
  
主催 世界ピンホール写真デー WPPD in 北海道実行委員会
  
協力 札幌市写真ライブラリー(札幌市芸術文化財団)
日本針穴写真協会北海道支部・ピンホール写真芸術学会
   エムフォトワークス㈱
後援 札幌市・札幌市教育委員会
協賛 富士フイルムイメージング㈱・㈱エー・パワー 

受講料
●レンタルピンホールカメラ(ピンホールホルガ)ご利用の方2500円
    (フイルム代・展示諸経費込) 
●カメラを購入希望の方  7500円(ピンホールホルガ・フイルム・展示諸経費込)
                   4月20日までにお申し込み下さい。
各コースとも10名限定。

お問い合わせ先:世界ピンホール写真デー WPPD in 北海道実行委員会
事務局 (エムフォトワークス内)担当:浅野久男
〒004-0879 札幌市清田区平岡9-1-8-15ニュータウンビル3階
電話011-883-7245 AX011-883-7285
E-mail:contact_asano@yahoo.co.jp

詳細はこちらをご覧下さい                          
[PR]
# by jpps-hokkaido | 2008-03-24 11:53
北海道支部:交歓会のお知らせ
日本針穴写真協会北海道支部交歓会のお誘い


WPPD以来ご無沙汰でした北海道支部ですが皆さんとの顔合わ
せ新年会をかね交歓会を開催できればと思っております。
胸襟をひらき、焼肉を食べながらのアルコールとピンホール写真談義などを楽
しみ、今後の事など御相談できれば幸甚に存じます。

皆さんお忙しい時期で恐縮ですが多数のご参加をいただければ
幸いです。



●日時2008年1月7日(月)
19:00~

●会場:炭火焼肉味わい放題 えん
住所 札幌市清田区平岡9条1丁目8-15(ラッキー向かい

TEL011-882-6833 


●場所はこちらの地図をご参照ください
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%CA%BF%B2%AC%A3%B9%BE%F2%A3%B1%C3%FA%CC%DC8-15&lat=43.01486694&lon=141.45734694&type=scroll&gov=01110.39.1.8.6


●会費:4000円程(飲み放題+食べ放題)


お手数ですがご出席いただけます方は浅野までお電話(883-7245:エムフォトワークス㈱)いただけますよう
お願い申し上げます。
[PR]
# by jpps-hokkaido | 2007-12-25 11:50
冬休み親子で楽しむピンホール写真教室のご案内
冬休み親子で楽しむピンホール写真教室のご案内
札幌の歴史や風俗などを記録した写真を収蔵した札幌市の写真専門公共施設である札幌市写真ライブラリーにて「冬休み親子ピンホール体験教室」が開催されます。

札幌市の広報 さっぽろに詳細が出ています(P28・29をダウンロード



日時1月12日(土)/13日(日)
10:00-16:00

両日とも小学生3年生以上の父母10組 参加費用1組2000円となっています。

今回は印画紙を使用した箱型ピンホールカメラの製作と撮影、暗室体験もセットになっています。
冬休みの自由研究用に製作したピンホールカメラ・現像した写真は持ち帰れます。




詳細:お申し込み・お問い合わせは
札幌市写真ライブラリーまでどうぞ
〒060-0032
北海道札幌市中央区
北2条東4丁目
サッポロファクトリーレンガ館 3F
Tel: 011-207-4445
[PR]
# by jpps-hokkaido | 2007-12-13 20:59
無事終了しました
4月29日・30日の2日間、札幌市芸術の森にて開催されました支部協力事業のWPPD in 北海道、たくさんの参加者の皆さんと楽しい2日間を過ごす事が出来ました。ありがとうございます!
[PR]
# by jpps-hokkaido | 2007-05-10 08:58
参加者募集中です
日本針穴写真協会北海道支部協力事業のご案内です

スローライフな時代のスローな写真術・ピンホール写真を通じて世界に発信!
4月29日は世界各地で同時にピンホール写真を楽しみましょう。という世界ピンホール写真デー(WPPD)です。
WPPDは、2001年アメリカで創設され、レンズのないカメラで撮影するピンホール写真のイマジネーションには限界はない。という思いで、昨年は世界各国から2267名が参加、そのうち日本からは223人が参加しました。
限られたプロ作家だけではなく広く一般の写真愛好家皆さんの目を通した北海道の神秘的なピンホール写真による風景を世界に向けて発表する貴重な経験を皆さんと共有したいと思います。
今年は札幌芸術の森を撮影舞台に、下記の2日間の内容でピンホールカメラを組立て、モノクロ現像のレクチャーとプリント。後日、お気に入りの写真を札幌市写真ライブラリーロビーにて展覧会を行います。ピンホールって何?変わったモノクロ写真を撮ってみたい!現像の工程を見てみたい方、写真はまったく初めての方などお気軽にご参加ください。

○撮影会およびプリントレクチャー 2日間
2007年4月29日(日)・30日(月・祝)
時間:10:30~16:00(両日)
札幌芸術の森・札幌芸術の森版画工房
札幌市南区芸術の森2-75
TEL / 011-592-5111
29日(日) カメラの組立、芸術の森園内にて撮影  
30日(月・祝) 芸術の森版画工房にてモノクロプリント


○展覧会およびギャラリートーク
2007年5月16日(水)~6月10日(日)
時間:10:00~19:00  ※月曜休館
札幌市写真ライブラリー
札幌市中央区北2条東4丁目サッポロファクトリーレンガ館3F
TEL / 011-207-4445





主催:世界ピンホール写真デーWPPD in 北海道実行委員会 
協力:日本針穴写真協会北海道支部・札幌市芸術文化財団・札幌芸術の森・札幌市写真ライブラリー・エムフォトワークス(株)
後援:札幌市・札幌市教育委員会 協賛:冨士フィルムイメージング(株)・(有)鈴木廻漕問屋
(一部申請中を含む)



WPPDin 北海道2007参加費用 :4500円(カメラ、フィルム等込み)
※当日、会場にて受付致します。


<使用カメラ:くま35>協賛(有)鈴木廻漕問屋
かわいいクマのフォルムで、おもちゃのようですが撮影する範囲すべてにピントがあっているピンホール特有の撮影が可能な実用機です。また、一般的な35ミリのフィルムを使用するので、WPPD参加後もご自身で存分に楽しむことができます。
フイルム:協賛 冨士フィルムイメージング(株)

応募詳細については
こちらをご覧下さい
[PR]
# by jpps-hokkaido | 2007-03-10 12:32
WPPD in 北海道 2007 
更新が滞って失礼しました。

今年のWPPDは4月29日ですが、札幌市芸術の森版画工房をお借りしてのWPPD2007を有志で計画中です。

芸術の森版画工房の暗室を利用したピンホール・白黒写真講習と札幌市写真ライブラリーでの作品展示も計画中です。

詳細は決まり次第こちらにもUPさせていただきます。
[PR]
# by jpps-hokkaido | 2007-01-23 19:59


JPPS 北海道支部のブログ
カテゴリ
撮影会
撮影会報告
ワークショップ
ワークショップ報告
イベント
イベント報告
お知らせ
その他
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧